浦和レッズ MF梅崎司 湘南ベルマーレへ完全移籍 新天地での活躍を祈り浦和サポから愛のブーイング

スポンサーリンク

「あの日、僕は“父親”になった」

梅崎司が15歳で下した人生最大の決断とは!?

梅崎選手は、父親のDVから家族を守るため、15歳のときに

「サッカーで成功してプロになり、自分が一家の大黒柱になる」ことを決意し、

母と弟とともに夜逃げ同様で父親のもとを離れました。

その後、大分トリニータユースへ入団しトップチームへ昇格。

オリンピック代表落選や度重なる大怪我を乗り越え、

浦和レッズを代表する選手になりました。

結婚を経て二児の父となったいま、家族とともに、家族のために

歩んできた苦難の半生を振り返ります。

信念を持ち続けることの大切さ、覚悟を決めて前進することの困難さと偉大さ。

サッカー選手としてだけではなく、一人の人間としてどう成長をしていくべきか、

子供はどのような感性をもち、どのような可能性を持っているのか。

子供の決断、覚悟の前に、親は何をすべきか。一人一人の心に問いかける一冊です。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする