チーム編成は谷あれば山道… 浦和レッズ山道強化部長がラファエル・シルバの移籍にコメント

スポンサーリンク

ラファエル シルバ選手のチーム離脱を受けて(山道強化本部長)

18日、午前のトレーニング後、ラファエル シルバ選手のチーム離脱を受けて、山道守彦強化本部長がメディアからの取材に応じた。

(今回の経緯については?)

「新潟から彼を完全移籍で加入してもらったときに、移籍補償金の設定がされていて我々がその額を支払った中で、それが基準になって我々のときにも移籍補償金というものを設定している選手でした。それは当然億単位の大きさですけど、ACLであれだけ活躍していた選手だったので、中国であればこちらの移籍補償金も出せるという中で、こういうことがあるとは考えていました。ただ、その中での外国籍選手の陣容を敷いていたつもりです。もちろん、このタイミングというのは急でしたし、驚きもありました」

(いつ来たのでしょうか)

「月曜日の15日に一報を受けました。その後、移籍補償金のレターを受けた中で、満額の支払いということだったので、本人が行きたいということであればいたしかたない、というものでした。我々よりも全然よい条件だったようですし、彼自身がやはり家族、親戚一同を養っていかなくてはいけない、という言葉もあったので、そういう運びになったということです」

(現状の補強についてはどう考えているか?)

「やれることはやります。当然、移籍補償金があるわけですから、それに対して最大限の努力はしますし、選手、チームにも勝つために最大限の努力はすると伝えています。もちろん成就できるかはわかりませんが、ベストを尽くすし、努力をし続けます」

(ご苦労されていると思うが?)

「サッカーの世界やプロの世界、大リーグでもそうですけど、突然ロッカーからいなくなるということもある世界です。もちろん、タイミング的にどうかという部分で苦しいところはありますけど、では原口がいなくなったとき、関根がいなくなったときに結果がまったく出なかったかというとそんなことはないですし、みんながんばってくれたと思います。ですから抽象的な話になりますが、それぞれががんばるということだと思います」

(日本人、外国籍問わず?)

「そうですね。外国籍選手かもしれないし、アジア枠の選手なのかもしれないし、提携国枠の選手なのかもしれないし、日本人で海外にいる選手なのかもしれないし、チームに乗り切れていない選手というのもあるでしょうし、いろいろな選択肢を考えてやっていきます。

やはり2月24日が開幕になるので、そこからの逆算で合流は早いほうがいいですし、かといって、このレベルに満たない選手を数あわせでとっても意味がないです。急いては事をし損じることになるので、慌てずにやらなければいけないと思っています」

ラファエル シルバ選手のチーム離脱を受けて(山道強化本部長)|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE

浦和レッズ2008年新体制発表 新背番号の空き番号 4・13・17・24に思惑広がる : JリーグサッカーNewsスクラップ帳

横浜F・マリノスのマルティノス 浦和レッズへの移籍濃厚 SNSでフライング退団発表 : JリーグサッカーNewsスクラップ帳

浦和レッズのラファエル・シルバがACL優勝と推定6.4億円を置き土産に中国2部に電撃移籍 : JリーグサッカーNewsスクラップ帳