「サンキュー坂田! サンキューな」元日本代表FW坂田大輔 現役引退

スポンサーリンク

坂田 大輔 選手 現役引退のお知らせ

2012シーズンから6シーズンにわたってアビスパ福岡に所属した坂田大輔選手が現役を引退することとなりましたでお知らせいたします。
坂田選手はアビスパ福岡在籍期間中に、J1・J2リーグ通算201試合に出場、30ゴールを挙げ、長年にわたり中心選手としてクラブの成長に力を尽くしてくれました。アビスパの歴史に名を刻む選手の一人であり、たくさんの勇気と感動を与えてくれました。また苦しいときも共に戦ってくれたことをクラブ一同、心から感謝しています。
なお、4月1日(日)第7節栃木SC戦(14:00キックオフ/レベルファイブスタジアム)の試合後、坂田選手の現役引退セレモニーを開催し、サポーターの皆様へご挨拶をさせていただきますのでお知らせいたします。

坂田 大輔(さかた だいすけ)選手

■ポジション
FW

■生年月日
1983年1月16日(35歳)

■身長/体重
175cm/70kg

■出身地
神奈川県

■経歴
野庭キッカーズ[野庭東小(神奈川県)] ⇒ 横浜フリューゲルスジュニアユース[野庭中(神奈川県)] ⇒ 横浜フリューゲルスユース[永谷高(神奈川県)] ⇒ 横浜F・マリノスユース[永谷高] ⇒ 横浜F・マリノス ⇒ アリスF.C.(ギリシャ) ⇒ FC東京 ⇒ アビスパ福岡

【坂田選手コメント】
坂田大輔は2017シーズンを持ちまして現役を引退する事を決断しました。
自分の進路をなかなか公表出来ず心配してくださっていた皆さんには申し訳ない気持ちで一杯です。
アビスパ福岡を契約満了になり、その後も現役を続けたいとの思いでチームを探していましたが、自分にとっては想像以上に厳しい現実が待っていました。
ただ決して強がりで言う訳ではありませんが、30歳を超えてから毎年常に引退の可能性もあるんだぞと自分に言い聞かせていました。
後悔がないと言えば嘘になりますが、17年間大きな怪我もなくプロの世界で戦えた自分を誇りに思いたいです。
アビスパ福岡、横浜F・マリノス、FC東京、アリスFCで関わった全ての皆さん、本当にありがとうございました。言葉だけでは伝えきれません。ただただ感謝です。
そして自分がプロサッカー選手になるまで育ててくれた、野庭キッカーズ、横浜フリューゲルスジュニアユース、横浜F・マリノスユースの指導者と仲間達の皆さんありがとうございました。
サッカー選手としての人生は終わりますが、この決断がまた次の道へのスタートになります。サッカー人として、サッカーに携わった仕事を。これから一生懸命に頑張っていきます!
17年間本当にありがとうございました!

そしてなんと嬉しい事にアビスパ福岡が引退セレモニーを4月1日の栃木戦後に行なってくれる事になりました。
最後にもう一度皆さんとお会いして挨拶出来る事を非常に嬉しく思ってます。
是非会場に足を運んでもらい栃木戦の最高の雰囲気のレベスタで勝利して 皆さんにご挨拶出来ればと思います。
4月1日 レベスタで会いましょう!

坂田 大輔 選手 現役引退のお知らせ | アビスパ福岡公式サイト | AVISPA FUKUOKA Official Website

坂田の兄貴が引退した。 アビスパ移籍して最初に会ったときは、ロン毛でチャラそうで怖かったイメージやったけど、いざ仲良くなると、プレーは献身的で優しくて非の打ち所がない人やった。ポジションが同じでマンションも同じで共通の仲良い人も同じでロッカーも隣で、普段から仲良くさせてもらいました。そしたらいつのまにか兄貴と呼んでいました。 昨日引退することに決めたって連絡くれて、プロ20年が目標やったけど、無理やったから将生に任せるわって言ってもらえて、オレもまだまだ頑張らなあかんなと思いました。 兄貴お疲れ様でした! 第2の人生も頑張ってください!! #写真こんなんですいません笑 #ラーソーメン食べてるとこ #坂田大輔

shoki hiraiさん(@shoki_h14)がシェアした投稿 –