横浜・仙台・神戸などJリーグ各チームが取り組みだした戦術「5レーン理論」とは?

スポンサーリンク

5レーン理論とは、フィールドを5つのレーンに分ける手法を発展させたポジショニングのルールです。
フィールド上に選手同士を結んだ三角形を多く作りだし、チームとして安定したボール保持を実現する事が目的です。
グアルディオラがバイエルンの監督時代に実践し、大きな成果を上げたことよって知られることとなりました。

用語解説 ハーフスペースと5レーン理論 – Take it easy

ピッチ上に小さな三角形を生み出すために、5レーン理論は重要な役割を持つ。大原則として、三角形を作るためには縦に並ぶのではなく、斜めの位置を取る必要がある。つまり、「1列前の選手が同じレーンに並ぶのは禁止」(条件①)で、逆に「2列前の選手は同じレーンでなくてはならない」(条件②)。加えて、「1列前の選手は適切な距離感を保つために隣のレーンに位置することが望ましい」(条件③)。

ポジショナルプレーの実践編。選手の認知を助ける5レーン理論 | footballista